サプリメントの役割と効果

生活バランスを整える
〜理想と現実、そのギャップを埋めてくれるサプリメント〜
グッドエイジング
〜今日の不安を明日への期待へ繋いでくれるサプリメント〜
美の基本
〜「キレイを充実」を支えてくれるサプリメント〜
自分用“処方箋”
〜諦めや絶望、迷いに新たな道を示してくれるサプリメント〜
健康に底力
〜現代に生きる人間を原点へと誘うサプリメント〜

欧米の動きから比べるとやや出遅れている感もありますが、私達の身近でも「サプリメント」が注目を集めるようになってきました。サプリメントの本来の意味は「補うもの」ですが、今はここから派生して、「健康サプリメント」とか「サプリメントダイエット」等というような造語まで生まれ、その都度説明を求めなくても感覚で捉える事ができるほど馴染みのある言葉になりつつあります。

TVや雑誌などが引用する「サプリメント」の意味は、あえて言い換えれば「見過ごしてきたもの、今までとは違った楽しみや考え方に『気づくきっかけ』」という意味合いなのではないかと捉えています。そこには、これまでの生活に新しい情報や習慣を付け加えることが、これからの自分やその生活に何か広がりを期待させてくれるようなニュアンス、意図があるように思われます。

こうして我々の暮らしの中ですっかり「市民権」を得た感のあるサプリメントですが、実際に人々の生活の中ではどんな「顔」で登場したのでしょうか。

現在サプリメントを使っている人に話を聞いても、そのきっかけは実にいろいろなようです。全く興味がなかったところから、同様に全く無関心だった友達がある日突然使いはじめたことを知って、出遅れるわけにはいかない、と思ったことがきっかけで始めた、ちょっと不純な動機の人。興味が出始めた頃「どれがいいの?」と迷っている時に、たまたま薦められたサプリメントが漠然と感じていた悩みの解消につながった幸運な人。また、自分にピッタリくるサプリメントを追究し続けている人や、「興味」のレベルを超えて既に自分自身の課題や希望に合わせてサプリメントを使い分けている「達人」クラスまで、サプリメントの取り入れ方は実に様々です。

それではその人達にとってサプリメントはそれぞれのライフスタイルの中でどんな役割を果たしてくれているものなのでしょうか。色んな意見や考えがある中から「これだからサプリメントが必要」というテーマ別にそのとらえ方を幾つか紹介してみましょう。

「サプリメントの役割と効果」トップへ

何とかしたいのだけれど、日々の食生活が乱れがち…(ブルーグリーン・アルジー100 - ビタミンミネラル)
やらなくてはならないことが山積み、集中力を充実させなくちゃ…(シュワーベギンコ120 - イチョウ葉)
お酒には気をつけてね、と周りから良く言われる…でも付き合いは断れない…(エクレクティックマリアアザミ)
外食やコンビニ食ばかりで、身体に必須の栄養分が不足しているかも?!(エクレクティッククロフサスグリ油)

つい出てしまう「分かってはいるけど…」「こうしたい!でも…」というセリフ。思い描くライフスタイルはアタマの中にはあるものの、なかなか今の状況が許してくれない、このままではきっとダメ.…そんな現実は誰にでもあること。

反省や後悔の気持ちだけに留まらず、今感じているギャップを積極的に埋めていこうと身近な選択肢の一つにサプリメントを取り入れている人たちがいます。明日に繋げるためのエネルギー補給、アンバランスと感じる自分の食生活を考えてその隙間を埋め合わせたり、普段の生活でも「運動効果」を与えてくれるサポート力、どうせカラダを動かす機会に恵まれたならそのチャンスを最大限に活かしたい!と、自分が望んでいる自分や生活に少しでも近づくための身近な便利アイテムの一つにサプリメントを使っている人がいるようです。

「サプリメントの役割と効果」トップへ

「あれっ?」鏡をのぞいた顔が前とは違う…(ヤーバプリマ・コエンザイムQ10)
年とともに?何だか疲れやすくなったな…(レスベラトロール)
年齢になんて負けていられない、けれど「寄る年波」を最近意識してしまう…(ピクノジェノールスーパーPDr)
自分の素顔、素肌に自信を取り戻したい (グルコラーゲン+(プラス))

毎日変わらず過ごしているつもりが、ある日いつも見ている鏡の前で「あれ、なんとなく変だな…」とつぶやいてしまう時、心のどこかでそれを認めたくないという思いと相まって、自分にもついに表れた「違い」に対して一方的に不安をつのらせてしまうことがあります。自分自身にいつも正直に問いかけている人ほどそんな微妙な変化を先んじて捉えて備えることができるもの。

人間は他の動物に比べて、より長い寿命を持つカラダを与えられました。とはいえ私達のカラダは万能ではありません。子供の頃から成長期にかけてフル回転で働いていてくれたカラダのメカニズムも、一生懸命頑張るうちにその完璧なバランスにズレを生じてしまうのは自然のことでしょう。こういったアンバランスな状態が少しずつカラダにひずみを作り、いわゆる「老化」と呼ばれる状態に至るということなのでしょうか。

この事実をしっかりと受け止めて少しずつこのカラダの「ズレ」に働きかけ本来の状態に調整すること、だんだんとカラダから失われていくもの、壊れていくものを補給して修正をかけていく手段としてサプリメントを取り入れることを決めている人がいます。今ではこのカラダ年齢の調整をテーマにアンチエイジングをうたったサプリメントも多数商品化されてきています。

不安にさらされる前に、自分の年齢やコンディションにきちんと目を向け、自分に必要なものを早くから取り入れながら自分の健康力の底上げを準備していくことが、元気なカラダで楽しく過ごせる人生への先行投資、そう感じている人にとってサプリメントのある明日は、また前向きに頑張ることのできる一日になっているようです。

「サプリメントの役割と効果」トップへ

カラダの中から自分のキレイをグレードアップしたい (クランベリー)
素顔にもっと自信を持ちたい (グルコラーゲン+(プラス))
燃やす力でスリムダウンして理想的プロポーションを作りたい (ヤーバプリマ・コエンザイムQ10)
内面からのキレイ、ステキをいつまでも続けていきたい (ピクノジェノールスーパーPDr)

いつまでもキレイにステキでいること、それを実感できることが自信を持って日々を過ごせるということなのではないでしょうか?その命題への追究、問いかけは女性にとっては永遠のもの。

まずは「見えるところ」からが気になるのは当たり前。ところが失敗を重ねた末、「美しさ」を最大限引き出すためには、実はカラダの中から元気に健康でいることが基本なのだということに気づいたという人は少なくないようです。例えば「美白・美肌もまず自分の肌細胞を整えることから始まる」と考える人は、細胞の再生サイクルを早めるカラダ作りに注目しています。また「食事量を減らすだけでは思ったようなダイエットができなかった」という経験のある人は、きっちり燃やして使い切る基礎代謝強化に着目して、リバウンド対策にも充分備えたアプローチへと方法を変えて実践している人もいます。

このように充分に理にかなった賢い考え方でキレイと健康を上手に結び付けている人はもちろんのこと、大変な思いの結果が失敗に終わった人の中にも「カラダが健全に働く事が、キレイ作りの始まり」だと理解している人は既にサプリメントを身近な存在にしています。美しさの土台作り、それが「キレイ」のステージに移っていくための実は一番の近道だと考えているからのようです。

「サプリメントの役割と効果」トップへ

朝目覚めた時のコワバリや辛さから開放されたい (パワフルキャッツクロー)
繰り返してしまうトイレの悩みに打開策は? (エクレクティッククランベリー)
毎月の痛みや、婦人科系の悩みを解消したい…(ピクノジェノールスーパーPDr - ピクノジェノール)
お酒を飲まないと眠れないなんて、このままじゃいけない! (エクレクティックバレリアン)

自分のカラダがあげている悲鳴や声は切実に私達に訴えかけます。大抵の場合、カラダに感じる苦しさからたtだ抜け出したいという思いで色々試してはみるものの、問題の根本を明らかにしたり、その辛さから開放されることがだんだんと難しくなってきているのが最近の病気の特徴。

1人1人のカラダはそれぞれ微妙に違った働きや仕組みを持っていますし、置かれている環境も様々ですから、個別の悩みやそれぞれのカラダのコンディションを充分に考慮しないうちに、画一的に施される治療に満足できないことも少なくありません。また最近では医療の現場でも、カラダが処方した薬に示す副作用やそれぞれの体質にどう反応するかについてかなり慎重に対応している現実が見られます。この事は「薬」とそれぞれのカラダに対する安全性にまだまだ研究の余地が残されていること、今後も取り組んでいかなければならない問題であることを意味しているようです。

こう考えると、私たちが「自らのカラダは自分で守る」ことの原点は、できれば「薬」に頼るようになる前に、まず病気にかかりにくいカラダ作りを目指すことから始める事なのかもしれません。加えて今悩まされている健康についての問題は、毎日の生活の中で軽視してきた健康に対する意識が積み重なった結果、自覚症状となって現われた時には取り返しがつかないといったケースが多くなってきています。

溜め込んできたものを一気に取り去る荒療治も時には必要ですが、それも今では自分のカラダの一部、下手に扱えば乱暴に攻撃してくる事もあるでしょう。そんな時に本来のカラダメカニズムをスムーズにする要素を補い、そんな「マイナス効果の積み重ね」を優しく解きほぐしてくれるサプリメントは、カラダ本来の自然なメカニズムになじみやすいと言えます。

もちろんサプリメントを選ぶにも、試すにも自分自身できちんと吟味して判断する事が必要ですが、しかし色々な治療を試した末、すっかり自分のカラダに自信を失い、気力を失った人がサプリメントに目を向け前向きに生活に取り入れたことで、救われた人がたくさんいることも事実です。また健康診断などで「黄信号」をともされて「さてどうしよう」と困っている人にも、まずは身近に無理なく試せる選択肢です。

「病院に行くほどでもないのかな」というわずかな自覚症状がカラダから届けられた声かもしれません。 こうしてカラダが発する様々なサインにきちんと耳を傾け答えようと、生活の中にサプリメントを置いて新しい習慣にしている人達が多いようです。

「サプリメントの役割と効果」トップへ

カラダ健康力のバランスを良くしたい (ポーレンリフ - 花粉)
外からの攻撃からカラダを守る力を強化したい (パワフルキャッツクロー)
錆びないカラダ作りで内面から元気に (ピクノジェノールスーパーPDr)
カラダに取り込んだ余分なものを体外へ排出! (東インド会社 チャクラハーブティー・バランス)

人間の文明が進歩して、「便利」をテーマにした新しい発見、発明がなされてきました。自分の人生10年を振り返ってみても私たちが生きる環境は目まぐるしく変わってしまっています。その中でカラダは利便性を追求して人工的に作られたものや有害とされるものをたくさん取り込んでしまうことになりました。同じ食品でも間違った形で受け入れてしまうと、私達のカラダはまずそれに順応しようとするあまり、混乱を招いたり過度の拒絶反応を示したり、時として予想のつかない状態におちいることもあります。

また、長い間かけて作り上げられた人体の謎に、人間が医学で挑んでも、その本質全てを解明することはそんな簡単なことではないでしょう。臨床試験を重ねていったんは使用が認められたはずの医薬品も時には「侵入者」としてカラダを脅かすことになり、マイナスの副作用を及ぼしてしまう例も少なくありません。事実、現代医学がすべての疾病に治療法を見出したわけでもありませんし、新たに発見されるウィルスや原因不明の症状などこれからも新しい病気や健康問題に悩まされることもあるでしょう。それらのことに対して、自分達の備えを固めて本来のカラダのメカニズムを強化しておくことが必要になります。

人間は長い時間をかけて進化してきた中で、様々な厳しい条件の中でも生存し続けた知恵、教訓、生き抜く力を養ってきました。ここは もう一度原点に戻って、様々な環境の変化や課題に耐えうる本来の「カラダの再生力、治癒力」を信じて蓄える、その知恵を先人の経験から譲り受けることを可能にしてくれるのがサプリメントです。今までの自分をリセットして本来の自己治癒力を高めることを考え始めた人たちが、新しいカラダケアの方法として生活の中に実践できる手段としてのサプリメントに興味を深めている人たちもいるようです。

フリーダイヤル 0120-33-9799
サプリメントの選び方
こだわりで見る
安心ガイド
厳選サプリメント通販
会員特典&ポイント管理
ご利用案内
エクレクティック
ポーレンリフ
あんしんクレジットカード決済システム
このサイトは植林活動を通じて
CO2削減に貢献しています。

厳選サプリメント通販